本文へスキップ

横須賀陸上リトルスクール

活動方針と組織

活動方針

運営の基本方針

子供達の身体を動かしたいという思いを向上させ、その中で自分の新記録を目指し、陸上競技の魅力を体感させる。そして将来の成長を見据えた長期的な育成を図っていく。
  スタッフにおいては、常に子供達の安全を念頭に、お互いにそれぞれの役割を責任を持って遂行し、協力と建設的な意見交換による、より良いスクールの充実を目指す。


活動の重点

◎常に普及活動を念頭に置き、子供達に陸上競技の楽しさを育成する。
  まず、安全面に留意し、楽しい雰囲気づくりと、新しい友達作りを進めることで積極的な活動参加の場づくりに努める。
◎指導研修を重ね、子供達の発育段階に合わせた指導方法を活動に生かす。
  個人差を考慮し、個々の成長度に合わせた目標を設定する。また、いろいろな用器具を活用することで、子供達の興味を促進する。多くの子供達を少ないスタッフで効率良く練習の質、量をこなす指導を研究する。地域のクラブとの交流を図り活動の活性化につなげる。

活動組織

2018(平成30)年度活動組織

校長  田中俊郎 (横須賀市陸上競技協会普及部長) 
副校長   宮内信行、小島正久      
顧問 馬渕征男、金子京子、上村公


指導スタッフ

下玉利俊夫、饗場元二、早川善雄、酒井正行、南修、饗場信、青木利明、堀良子、
高野真弓、池口満大、築野晢、大槻伸、大山一成、石川正一、金丸良幸、府馬範子、
高田章彦、井上洋光、村上千咲、吉冨裕子、中嶌大地、井藤岳夫、中村康彦、梅津綾子、
安藤尚子、堀静香、臼倉仁美、三浦妙子、池口季美子、池口大介、 嘉山英里、高梨将、
澤谷彩、高野恭平、小磯友希、鈴木珠友、鴻池泰説、石井裕基、前田柊、臼倉雄紀、
磯部秀人、今井陽斗、府馬鉄平、間宮蒼萌、福本耀大